読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

由紀の酒YouTubeチャンネル

飲んだ日本酒の感想を2分の動画で紹介していきます。

醸し人九平次、純米吟醸、火と月の間に、雄町は増幅でなく削ぎ落としたような印象

愛知県の株式会社萬乗醸造さんが醸す、

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」火と月の間に雄町

の紹介。

youtu.be

由紀の酒YouTubeチャンネルに、

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」火と月の間に雄町

をUPしました。

口をつけた時に温かいと感じる42~43℃。

すっきりとした飲み口で、スルスル喉を通ります。

増幅させるのかと思いきや、

削ぎ落としたような印象すら与えてくれます。

醸し人九平次(かもしびとくへいじ)「純米吟醸」火と月の間に雄町 データ

醸造元:株式会社萬乗醸造(愛知県名古屋市緑区

使用米:雄町50%精米

日本酒度:+1

酸度:1.4

アルコール度:15度

仕込水:愛知と長野の県境、標高1500m山の天然水

杜氏:佐藤彰洋(チーフブリュアリスト)

製造年月:H28/09

容量:1.8L

価格:3,639円(税別)

購入:酒のきまた

↓気に入っていただけましたらチャンネル登録お願いいたします。