由紀の酒YouTubeチャンネル

飲んだ日本酒の感想を3分の動画で紹介していきます。

由紀の酒オンライン日本酒会(GWスペシャル)2021

f:id:yukinosake:20210501103922j:plain

由紀の酒オンライン日本酒会(GWスペシャル)2021

4月29日の祝日にGWスペシャルとしてオンライン日本酒会を開催いたしました。参加者の皆様にもご協力いただき、蔵元様へ参加を呼び掛けた所、何と15蔵もご協力いただくことができました。下記から参加蔵元をご確認いただき、お酒を用意してご覧ください。

 

youtu.be

 

00:03:50 由紀の酒初蔵元相互リンクの蓬莱泉、関谷さんの音頭で乾杯

00:06:40 群馬県、流輝(るか)松原さん

00:10:35 岩手県南部美人(なんぶびじん)久慈さん

00:17:09 福島県奈良萬(ならまん)東海林さん

00:19:26 栃木県、松の寿(まつのことぶき)松井さん

00:27:24 北海道、三千櫻(みちざくら)山田さん

00:30:48 愛知県、蓬莱泉(ほうらいせん)関谷さん

00:33:24 静岡県、富士錦(ふじにしき)清さん

00:38:12 岐阜県、W(ダブリュウー)渡邉さん

00:44:55 静岡県、英君(えいくん)英さん

00:52:12 愛知県、白老(はくろう)澤田さん

00:57:56 山形県、米鶴(よねつる)梅津さん

01:11:55 茨城県、結ゆい(むすびゆい)浦里さん

01:17:00 岐阜県鯨波(くじらなみ)長瀬さん

01:22:46 蔵元から蔵元への質問、松井さんから皆様

     御子息に後継者として継がせたいか?

01:40:15 山梨県、青煌(せいこう)清水さん

01:54:46 蔵元から蔵元への質問、渡邉さんから皆様

     黒粕の行き先について

02:02:40 蔵元から蔵元への質問、渡邉さんから、久慈さん、関谷さんへ

     二事業所以降の酒造業免許について

02:14:21 蔵元から蔵元への質問、東海林さんから、梅津さん、久慈さん

     地理的表示(GI)保護制度について

02:24:15 質問より、KJ(ビーガン)、KOSHER(コーシャ)について

02:50:00 MVPの久慈さんの音頭で〆の乾杯

 

 

由紀の酒YouTubeチャンネル チャンネル登録

www.youtube.com

 

www.yukinosake.com

 

www.sakeblog.info

 

 

由紀の酒オンライン日本酒会「鯨波」

f:id:yukinosake:20210421070510j:plain

由紀の酒オンライン日本酒会「鯨波

4月11日(日)に岐阜県鯨波(くじらなみ)を醸す、蔵元杜氏の長瀬裕彦(やすひこ)さんをお迎えしてオンライン日本酒会を開催いたしました。皆さんもぜひ鯨波(くじらなみ)を飲みながらご覧ください。

 

youtu.be

 

00:00:53 蔵元、長瀬裕彦さん挨拶

00:02:10 長瀬さんの音頭で「乾杯」

00:02:50 鯨波(くじらなみ)「大吟醸」出品酒について

 岐阜県連合会長賞受賞酒(全国にも出品酒)

 使用酵母、協会1801号酵母

 麹菌、ハイ・G

 使用米、静岡県山田錦40%精米

 八重垣式の上槽。比較的早めの良いところを、別タンクに取り滓を引き、火入れしたもの

00:05:53 鯨波(くじらなみ)「純米」無濾過生について

 使用酵母、協会1001号酵母

 使用米、ひだほまれ60%精米

 日本酒度、+3

00:14:36 バーチャル蔵見学

00:15:50 和釜

00:17:20 貯蔵タンク&サーマルタンク 瓶貯蔵が増えてきた

00:18:30 仕込みタンク 開放タンク 大きくても1000kg仕込み

00:20:55 麹室(外観のみ)

00:21:18 槽場、八重垣式

00:22:10 水圧洗米機(マルゼン) 10kgで洗米

00:22:50 冷蔵倉庫(外観のみ)

00:22:58 瓶場

00:24:00 八重垣式上槽の画像 上槽方法について

00:28:30 質問より、粕歩合について

00:30:00 質問より、使用米(山田錦、五百万石、ひだほまれ)

00:31:00 質問より、出荷状況、今年度仕込み状況

00:35:50 質問より、銘柄の由来、山の中で鯨波

00:48:06 質問より、最近でのイベントは?

 2019年夏開催の「酒蔵で楽しむ酒、音楽、盆踊り」

00:49:45 質問より、ラベルのクジラ、目が黒と白が存在する?

00:51:22 質問より、ひだほまれと五百万石の使用割合は?

00:54:30 質問より、普通酒も含めて、全量酒造好適米

01:00:31 岐阜の地酒に酔う

01:07:00 コロナ禍の影響ではなく、県単位でのイベントが曲がり角

01:09:24 質問より、使用酵母は1801号、10号、G酵母(岐阜)、G-2酵母(岐阜)

01:13:48 質問より、おりがらみの製法は? 八重垣式は最初のにごりが多めでその荒走り

01:15:10 質問より、滓は最終的に?

01:25:00 来期は滓酒を混ぜずに、滓酒飲み比べセットを作ってZOOM飲み会

01:28:30 質問より、石高は? 200石 4名で造っている

01:30:55 質問より、社外杜氏の元6年修行とあるが…

 来ていただいていた杜氏の元と言う意味で、南部杜氏の資格も取得

01:33:15 質問より、精米は?

01:33:55 愛酒でいとは卒業の予定だったが… 関西で買えるところ

01:44:39 質問より、一億円無償提供されたら、どんな設備投資をしたいか?

01:52:50 質問より、麹室について

01:58:50 洗米機の画像、水圧洗米機(マルゼン)MRW-30 10kgで洗米している

02:15:00 〆の乾杯

 

 

由紀の酒YouTubeチャンネル チャンネル登録

www.youtube.com

 

www.yukinosake.com

 

www.sakeblog.info

 

 

由紀の酒オンライン日本酒会「Wダブリュー」

f:id:yukinosake:20210317103352j:plain

由紀の酒オンライン日本酒会「Wダブリュー」

3月14日(日)に岐阜県のW(ダブリュー)を醸す、蔵元の渡邉久憲(ひさのり)さんと杜氏の北場広治(ひろじ)さんをお迎えしてオンライン日本酒会を開催いたしました。皆さんもぜひW(ダブリュー)を飲みながらご覧ください。

 

youtu.be

00:01:08 蔵元、渡邉久憲(わたなべひさのり)社長挨拶

00:03:47 杜氏、北場広治(きたばひろじ)挨拶

00:04:19 デジタル部チーフ、加藤さん挨拶

00:06:40 渡邉社長の音頭で「乾杯」

00:07:06 twitterでのプロモーションでフォロワー獲得の経緯

00:09:41 渡邉酒造店紹介ビデオ

00:17:00 バーチャル蔵見学

00:17:45 原料処理 全量、吟醸甑(こしき)2基で蒸す

00:18:23 洗米機 自動洗米機(限定吸水もできる)

00:19:57 2階、麹室、床麹、蓋麹の二通り、木製のころと同じ製法ができるように、下部で開閉できるようになっており、空気が流れる仕組み

00:23:00 大吟醸専用麹室

00:23:37 酒母

00:25:10 冷蔵室内のYABUTA、水分量が変化しないようにビニールで包まれた高精白米

00:25:50 発酵室、もろみに吉本新喜劇を聞かせている

00:27:54 唯一のマル秘、少しだけ映る(笑)

00:28:08 ありがとうタンク(水に感謝の言葉をかけることで分子が変わる)

00:29:32 使用米展示(札が読めた順に左から、ひだみのり、ひだほまれ、高島雄町、強力、山田錦、愛山、亀の尾)

00:29:49 創業当時の木桶、手直し済

00:31:40 もろみにお笑いを聞かせるきっかけ

00:34:48 質問より、秘密の通路(社長と杜氏しか使わない)秘密の理由

00:35:45 質問より、穀良都(こくりょうみやこ)は今期も仕込むか?

00:36:59 質問より、精米について

00:38:30 質問より、いろいろな米を使用しているが、今後使ってみたい米は?

00:43:56 質問より、生酛に使用している酵母の特性(北場杜氏

00:47:40 質問より、ど根性酵母命名由来

00:48:46 質問より、これだけの種類の酒米の仕込みを、どのように設計するのか?

00:53:15 質問より、先祖返りひだみのりについて

00:56:07 永田家通信トラブル(3分ほど飛ぶ)

00:56:54 質問より、蓬莱ブランドで面白いネーミングがいろいろあるが…

00:59:00 愛山について

01:01:33 質問より、先祖返りひだみのりの醸造特性

01:06:10 質問より、バーチャル蔵見学で少し映った秘密について

01:08:43 質問より、R2BYのWは何種類仕込まれているか?

01:11:50 質問より、愛山、赤磐雄町、高島雄町など高額な酒米だが、一升三千円そこそこの価格帯で出すこだわり?

01:14:24 質問より、Wシリーズはアンダーグラウンド、プラチナムを除き、50%精米が多いが、山田錦だけ45%精米の理由は?

01:17:36 質問より、古代米には興味はありますか?

01:20:06 質問より、Wシリーズに使われている種麹は何処の?

01:21:56 質問より、白麹は?

01:22:50 話の流れで興味があるのは貴醸酒の発泡酒

01:24:35 質問より、アンダーグランドについて

01:29:02 質問より、様々な挑戦をされているが、何が根っこにあって動かれているのか?

01:34:50 質問より、注目している他の蔵は?

01:37:20 質問より、低アルコール原酒への興味は?

01:40:19 質問より、岐阜県の蔵の横のつながりは?

01:48:05 質問より、小瓶飲み比べセット(180mlか300ml)

01:51:10 質問より、現在の取り扱い店

01:53:19 取扱店、約70社のリストを画面共有

01:58:50 〆の乾杯

 

 

由紀の酒YouTubeチャンネル チャンネル登録

www.youtube.com

 

www.yukinosake.com

 

www.sakeblog.info

 

 

f:id:yukinosake:20210221062222j:plain

2020年日本酒ランキング(総再生時間)由紀の酒

2020年に良く視聴していただけた動画を、総再生時間でランキングにしてみました。皆様のチャンネル登録をお待ちしております。

 

youtu.be

  

由紀の酒YouTubeチャンネル チャンネル登録

www.youtube.com

 

www.yukinosake.com

 

 

www.sakeblog.info

 

 

買って良かった日本酒2020

f:id:yukinosake:20201209211031j:plain

買って良かった日本酒2020


 今年購入して自宅で飲んだお酒を、「買って良かった日本酒」と題して振り返ります。このエントリーはそのまま「由紀の酒Best of the year 2020」のノミネート酒となり、この中から「とびっきり部門(金額無差別)」と「コストパフォーマンス部門(一升瓶換算4,000円くらいまで)」両部門の金賞酒を年末に決定させていただきます。

 

 日本酒ブログ(由紀の酒)において、毎年発表させていただいている、由紀の酒 Best of the year。2020年もっとも心に残ったお酒を、由紀の酒-日本酒談義-管理人が勝手に選び紹介いたしております。尚、今回は非売品のようなお酒や殿堂入りしているお酒も予審には入れておりますが、殿堂入りしたお酒は決審に残りません。

 

 以下が今回印象に残っているお酒たちです。

 

コストパフォーマンス部門

白川郷(しらかわごう)「純米」にごり酒出来たて生

www.sakeblog.info

720ml:1,300円(税別)

 

楽器正宗(がっきまさむね)「本醸造」中取り

www.sakeblog.info

1.8L:2,100円(税別)

 

津島屋(つしまや)外伝「純米大吟醸」四十四才の春

www.sakeblog.info

1.8L:3,900円(税別)

 

奈良萬(ならまん)「純米」無ろ過瓶火入れR1BY

www.sakeblog.info

720ml:1,300円(税別)

 

新政(あらまさ)「生酛純米」生成 2019 Ecru(エクリュ)別誂中取り

www.sakeblog.info

720ml:1,507円(税別)

 

松の寿(まつのことぶき)「純米吟醸山田錦H28BY

www.sakeblog.info

1.8L:3,400円(税別)

 

流輝(るか)「純米大吟醸」Morpho(モルフォ

www.sakeblog.info

720ml:2,050円(税別)

 

廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸山田錦R1BY

www.sakeblog.info

720ml:1,900円(税別)

 

 田中六五(たなかろくじゅうご)「純米」糸島産山田錦

 

www.sakeblog.info

720ml 1,550円(税別)

 

とびっきり部門

雁木(がんぎ)「純米大吟醸」鶺鴒(せきれい)

www.sakeblog.info

1.8L:10,00円(税別)

 

南部美人(なんぶびじん)「大吟醸」斗瓶囲いしずく酒2019BY

www.sakeblog.info

720ml:4,200円(税別)

 

蓬莱泉(ほうらいせん)「純米大吟醸」空 2020

www.sakeblog.info

720ml:3,250円(税別・箱なし)

 

貴(たか)「純米大吟醸」雫搾り出品本斗瓶2019

www.sakeblog.info

500ml:2,500円(税別)

 

一念不動(いちねんふどう)「大吟醸」金賞受賞酒H21B

www.sakeblog.info

720ml:8,000円(税別)

 

 

龍力(たつりき)「純米大吟醸」米のささやき秋津生2019

www.sakeblog.info

257ml:4,286円(税別)

 

白老(はくろう)「大吟醸」全国新酒鑑評会出品入賞酒2019BY

www.sakeblog.info

720ml:3,000円(税別)

 

 

 

 

 ノミネート酒はぎりぎりまで増える可能性もありますが、基本的に以上の中から金賞を決定し、年末に発表いたします。尚、発表は日本酒ブログ(由紀の酒)

www.sakeblog.info

となりますので、ブックマークしておいてくださいね。

 

↓気に入っていただけましたらチャンネル登録お願いいたします。

 

由紀の酒オンライン日本酒会「白老」

f:id:yukinosake:20201105082026j:plain

由紀の酒オンライン日本酒会「白老」

11月1日(日)に愛知県の白老(はくろう)を醸す、蔵元の澤田英敏(さわだひでとし)さんをお迎えして、オンライン日本酒会を開催いたしました。皆さんもぜひ白老を飲みながらご覧ください。

 

youtu.be

00:00:43 蔵元、澤田英敏さん挨拶

00:00:59 甑(こしき)の説明

00:04:00 乾杯

00:04:50 澤田酒造の紹介

 1848年(嘉永元年)創業

 焼き物(常滑焼)の町、明治初期には灘(なだ)とほぼ肩を並べるほどの全国二位の生産地。澤田酒造の酒は昔からほとんど地元で消費されていた。近年は少しずつ県外も増えているが、それでも地元消費65%。

00:10:00 酒蔵開放について

 2016年がMAXで5500人規模だった。ややキャパオーバーだったが、幸い「ねのひ」さんが酒蔵開放を復活させるなどもあり、人数も3500人規模となり落ち着いた。

00:17:55 現在入荷している酒米について

 若水、五百万石で、今後も山田錦、雄町、千本錦、八反錦、あけぼの等、ぞくぞく入荷してくる。

00:20:00 槽場直汲生

 蔵内の冷蔵施設は、他の蔵と比べて非常に少ない。今回の槽場直汲生も隣町の食品会社の冷蔵施設に搾ってすぐ移動。-3℃での保管。瓶内二次発酵でヘッドスペースは二酸化炭素となり酸化しない。この時期でもガス感があり、フレッシュなお酒となっている。

00:22:10 白老の酒

 本来の白老は常温保管して「おし味」を乗せたお酒が地元で好まれている。「槽場直汲生」や「ひやおろし」のようなフレッシュローテーションでは、65%の地元顧客が満足してくれない。

知多半島はもともと陶器の町で汗をかく仕事が多いことから、味が濃い。また全国屈指の発酵調味料の揃った地域。地元の食文化の強い旨味に対し、酒も旨味が必要。

00:30:50 全国新酒鑑評会「入賞酒」

 特A東条町山田錦40%精米、酸度、アミノ酸度低目でメーターを切った酒。白老の酒とは真逆の出品酒。

今は酸度をあげてアミノ酸度とのバランスをとり切れるほうにしているが、以前は甘い、重い、だれるお酒だった。若水の特徴でもある苦みをマスキングするためにも、許容されるようになってきた酸を上げることで調整している。

00:39:40 若水ひやおろし

 蛇管での火入れ。昨今のひやおろし出荷時期問題もあるが、早いから味が乗っていないは良くないので、造りや、この火入れ方法タンク貯蔵での味の乗りを意識している。

00:48:18 質問より、千本錦の今後

 旅館などからの要望でフルーティーなお酒があるが、米が高いことから純米吟醸価格で3,500円を超え、需要が減ってしまう。圃場見学で作りての若さ、情熱を知り可能な限り続ける考えに。しかし白老にフルーティーを求めていないと言われるのも事実(笑)。

00:53:28 バーチャル蔵見学

 仕込み水、酒蔵から2km離れた丘陵地から湧き出している水を、江戸時代に近隣8件の酒蔵共同で引いた。アメリカ硬度で23と言う超軟水。(60以下を軟水、60~120を中硬水)

 この水だけでは酒母が沸かないほど。別に引いた井戸水が、一転120と言う中硬水なので、調整して使用。この水が製造量が多い地域の所以。

 洗米、ウッドソン

 甑、和釜で蒸す。最も安価な料理酒もこれで蒸す、と言うかこれしかない(笑)。クレーンなどは無いので、米を張るのも掘り出すのも全て人力。

 麹室、全量蓋麹、二室で温度差。吟醸以上はやや高めの温度。

 種麹菌、三社使い分け、あまりにグルコース濃度が高くなるものは避けている。

 酛、現在は生酛、山廃はやっていない。

 木製暖気樽が現役。小仕込みになることで使用頻度は減っている。

 搾り、MAKINO(常滑製)タイル製造用途で集めた土を、水を入れて攪拌し、ろ過するための機械。

01:30:00 質問より、麹室の熱源

 熱線だけの簡易的な物。

 剣菱が麹の熱だけの室、彷彿とさせている。

 新政、全量蓋麹は全国でもほぼない→愛知白老にあり。

 料理酒まで蓋麹。この料理酒がお値打ちなので最近人気に。

01:46:00 質問より、この出品酒のような低酸な酒質で他の特定名称は?

 現在の冷蔵設備のない環境では、時期が1月のみと限られる。

01:51:20 質問より、仕込み水ブレンドの比率は確立しているのか?

 酒母の段階なのか、そうでないのかはもちろんあるが、パターンは無限。米の質に合わせる意味でも、微調整が加わる。

01:52:15 要望、せっかくゆかりのある水質違いなので、それぞれ酒を仕込み、後から消費者好みでブレンドも面白そう。

01:55:38 質問より、木製の甑や麹蓋のメンテナンス今後

 ウッドワークスとの連携で行く。いざと言うときは剣菱、加茂鶴の2件から確保できる。

02:00:00 要望、千本錦は純吟より吟醸が好きだった

 アル添の良さ、純米の良さ、それぞれだがアル添にすると販路が大幅に狭まる。

02:02:50 質問より、海外展開は

 規模的には少ないが、アジア中心に、その他、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア等。直取引ではなく商社経由。

02:05:10 白老「純米吟醸」豊穣

 麹、特A山田錦、掛、八反錦。協会10号酵母。瓶内熟成も含め、10号が面白い。

02:10:30 質問より、東西市場規模

 東京は発酵食品のつながりなどもあるが、酒質的には大阪が多い。

02:12:25 関東で飲めるところ「つくしのこ」

 現在は予約をとるのも難しくなっている。

02:34:00 原料処理(ウッドソン)

 導入、6・7年前。酒質向上と相反する求められる白老の旨味。米質自体も低タンパクとなってきて、味乗りしずらい。洗米方法も工夫している。

02:38:30 槽場直汲

 荒走りの最後の一部から、官能でここからここまでを決めている。酒質安定。

02:43:10 設備投資に5億円使うことができたら?

 南海トラフ対策としても、水源に近い内陸部への蔵移築。

02:56:25 〆の乾杯

 

由紀の酒YouTubeチャンネル チャンネル登録

www.youtube.com

 

www.yukinosake.com

 

www.sakeblog.info

 

 

由紀の酒オンライン日本酒会「龍力」

f:id:yukinosake:20200910072030j:plain

由紀の酒オンライン日本酒会「龍力

9月6日(日)に兵庫県龍力(たつりき)を醸す、蔵元の本田龍祐(ほんだりゅうすけ)さんをお迎えして、オンライン日本酒会を開催いたしました。皆さんもぜひ龍力を飲みながらご覧ください。

youtu.be

00:00:25 兵庫県、株式会社本田商店、本田龍祐さん紹介

00:01:35 乾杯

00:03:05 使用米、秋津について

 お燗をして飲むのが当たり前だった時代(約40年前)。

 ロマネコンティの畑のように、これ以上ないくらい手を入れ原料米を作る。秋津の始まり

 農法指定の契約栽培を始めたのは龍力が最初

 -3℃で最低3年寝かせての出荷。

味わいの独特の丸さは、稲木掛け(天日干し)によるもの

00:18:45 社(やしろ)地区、東条(とうじょう)地区吉川(よかわ)地区の違いは。

気候の微妙な違い?、三草川(社)、東条川(東条)、美嚢川(吉川)の違い?

→土壌の違い。

00:30:15 社地区

 土壌断面標本(モノリス)での説明

 主要粘土鉱物、イライト。

 下部にレキ、水はけがよい。根は横方向に伸びる

 酒の特徴、綺麗、苦み渋みが少ない

00:33:46 吉川地区

 主要粘土鉱物、スメクタイト

 酒の特徴、酸、特徴が出やすい。

 土地のどの成分が味わいを形成しているのかは、解明されていない。

00:36:04 東条地区

 主要粘土鉱物、スメクタイト

 社と吉川の中間の特徴を示す

 酒の特徴、バランスタイプ

00:38:20 それぞれの特徴を活かした蔵

 社(やしろ)→獺祭

 東条(とうじょう)→十四代、磯自慢、黒龍

 吉川(よかわ)→菊姫剣菱

00:44:20 質問より、今回の秋津生の醸造年度

 令和元年BY

00:44:50 質問より、秋津生で最も寝ているのは?

 5年くらい

 海老さんの2009年の秋津生登場

00:46:06 質問より、社の横に伸びる根は、倒伏の危険性は?

 減農薬栽培をしていれば大丈夫

00:46:36 質問より、自然乾燥について

 天日干しの発芽率95%~100%

 温風を使わない機械乾燥の発芽率、約50%

 通常の機械乾燥の発芽率、5%

00:51:12 質問より、減農薬、無農薬について

 減農薬が良いと考えている

01:04:36 スライドによる蔵見学

 鉄筋で大規模に見えるが2,000石

 冷やして飲んで美味しい酒を造るため、5℃の冷蔵蔵になっている

01:11:14 精米について

 原形精米 ゆっくりと削ることで原形精米となる

01:17:00 洗米

 建物の2階に原料処理の場所

 洗米についての座右の銘は、開運の波瀬正吉杜氏の「洗米は1%磨くつもりで洗え」

 マイクロバブルでの洗米

01:21:19 甑(こしき)

 捌けの良い蒸米にするため。

01:24:10 蒸上がりから放冷

 蒸米を釣りあげて放冷機へ

 放冷後の蒸米の移動は、エアシューターの毎日の清掃か、自分で運ぶかの選択だった

01:26:00 麹室

 4部屋、種切り、上に向けてもやしを振る

 全量蓋麹

 15℃以上の差で結露するので、出麹までにワンクッションおける部屋

01:36:55 吟醸

 農口さん考案のタンク10台中4台が龍力

 サーマルタンク30本→貯蔵

 仕込み蔵は室温5℃

 新型コロナの影響として、タンクが空かないことで造れない

01:39:15 上槽

 YABUTA(味系)とNSK(香り系)の二台を使い分ける

01:44:38 貯蔵庫

 ペンキ塗りたてで見れないと言うおち

01:49:10 精米機(藤江さん提供画像)

 新中野、扁平精米、原形精米の理論を作った精米機、4台

01:51:07 質問より、火入れは

 プレートヒーター(藤江さん提供画像)

01:53:10 瓶詰めライン(藤江さん提供画像)

 冷蔵無菌室内での瓶詰め

01:54:26 瓶詰めライン(藤江さん提供画像)

 打栓機

01:55:20 貯蔵庫(藤江さん提供画像)

 さきほどペンキ塗りたての落ちで見ることができなかった、お宝の山の写真

01:56:10 洗瓶機(藤江さん提供画像)

 もう一度洗瓶機から瓶詰めラインまでの流れ、冷却はシャワー(TOMIYAMA)

02:00:00 池袋西武試飲販売の頃

02:02:50 試飲販売の頃の経験がドラゴンシリーズに繋がる

02:11:30 への字稲作

 最初の壁、根が伸び切った時に肥料を与える

 …、そもそもいつ伸び切ったとわかるの?

02:17:00 兵庫の山田錦、コロナの影響

 R2BYの減産状況次第で農家も続かなくなる。正念場

02:20:08 香り系酵母は減産

 熊本4号(KA-4)香りの出やすい熊本酵母をやめ、熊本1号(KA-1)にする

02:26:00 純米大吟醸大吟醸の熟成による変化

 純米の方が後から撥ねる。大吟醸は香り成分も高い分早飲み

02:26:10 質問より、熟成によるクラスター効果

 アル添のほうが、早くまとまるような気がするが…

 ものによる…(笑)

02:28:50 質問より、熊本9号(KA-1)の使用は大吟醸も?

 今の4部屋での製麹が、力価が高いこともあり、αアミラーゼとグルコアミラーゼの比の値が3.0がベストのところ、香り系酵母では10を超えることも…。香りの出ないほうでも必要十分な香りが出る。

02:32:40 〆の乾杯

 

 

由紀の酒YouTubeチャンネル チャンネル登録

www.youtube.com

 

www.yukinosake.com

 

www.sakeblog.info